5分でわかる!エジソンって何した人?

色んな発明をしたけど、やっぱり有名なのは電球蓄音機だと思いますよね。

エジソンがどんな人だったのか、これから話していきます。

旬なものが自宅に届くのってうれしいですよ。

生い立ち

1847年アメリカのオハイオ州に生まれる。名前をトーマス・アルバ・エジソンと言います。

子ども時代は、変わり者でどんなことに対しても「なんで?」「どうして?」を繰り返すめんどくさい子だった。学校でもエジソンがいると、いつも「なんで?」の言葉で授業が止まり、進まないのです。困った先生はエジソンに学校を辞めさせました。しかし、エジソンの母は教会で教えていたので、エジソンを愛情いっぱいに育てました。分からないことや不思議なことがあると、エジソンがちゃんと理解できるまで根気よく教えたのです。

母はエジソンに一冊の本を与えました。「自然科学の学校」という本でした。そこには、

「なぜ、星が光っているのか?」「なぜ、音が聞こえるのか?」「レンズを通すことで光が変わるのは?」など。エジソンが知りたい答えがそこにはたくさん書かれてあるのでした。なかでも、様々な薬品を使って行う科学実験に大変興味を持ちました。そして、エジソンは本を見ながら実験を始めるようになったのです。

12歳の時。

ポートヒューロンとデトロイトに鉄道が開通しました。そこで、新聞売りや野菜を売る仕事をしました。当時リンカーンが大統領になると、政治や戦争の情報が電信を伝えられるのを目にしていました。ある日のこと、鉄道に乗り遅れそうになった時、車掌さんに耳を引っ張られて乗り込むことができました。しかし、それ以降エジソンの耳は少し聞こえにくくなりました。

中古でお得なお買い物しよう!

16歳の時。

駅長の息子が鉄道にひかれそうになるところを、エジソンが助けました。そのお礼で駅長から電信機とモールス信号を教わります。吸収が早く、若いながらも立派な電信技士となりました。そして電信技士として各地をわたり歩きます。

電気に興味持ち始め、マイケル・ファラデーを尊敬していました。

23歳の時。

各地を回ると、世間の無駄なことが気になり始めたのです。電気を使って自動化を作り始めました。その中で「万能相場表示機」の発明でエジソンの人生の歯車が回り始めます。その儲かったお金で、実験室と工場を作りました。そこには機械技師や技術者が集まりました。

24歳の時。

メアリー・スティルウェルと結婚すると、立て続けに大きな発明を生み出しました。

「電信自動受信装置」「四重送受信装置」「自動電信記録装置」など。たくさんの特許を取得したのです。

電話機もグラハム・ベルが作っていたのですが、実用化までにはほど遠い代物でした。エジソンは実用化までもっていく応用力もあったのです。電話機の改良から、蓄音機ができたのです。蓄音機とは「声を記録して再生する機械のことで、レコードの原型でした。」

冬はやっぱりカニだけど、見るだけ。見るだけ。

30歳の時。

何でも、便利なものを発明して作ってしまうので「メンロパークの魔術師」と呼ばれるようになっていたのです。

32歳の時。

ついに、「白熱電球」を作ることに成功したのです。一番困難を極めたフィラメントは日本の京都の八幡でとれる竹が使われた。ニューヨークの夜を明るくしたのである。

その後、電気に関する発電所や蓄電池などを作りました。コンクリートやキネトスコープ、人工ゴムなども開発しました。現代に必要なほとんどのインフラ設備を発明したと言っても過言ではありません。

享年84歳まで、様々な発明を残しました。

やっぱり、何でも揃ってるアイリスオオヤマ

最後に

エジソンは自分の元を訪れた研究者に自分の知識と技術を伝えることを惜しみませんでした。このため日本人の中にも、エジソンから学んだ人たちが数多くいます。

  • 日本人助手   岡部芳郎
  • 東芝の設立者  藤岡市助
  • NECの設立者 岩垂邦彦

エジソンの残した言葉

  • 天才とは1%の才能と99%の努力である。
  • 成功するために一番確実な方法は、必ずもう一度だけ試してみることだ。
  • 99回の失敗のあとに、やっと1回成功すればいいほうである。
  • 素晴らしい発明だからといっても、自然に広まってはくれない。
  • 毎日18時間私は働く。これだけ働いたら、人の倍成功しても当たり前だろう。

健康はやっぱり食材から。健康志向で病院知らずに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です