5分でわかる!ヘレンケラー

Helen Keller (1880-1968), blind and dead since age 2, at the age of 24, when she graduated cum laude from Radcliff College.

ヘレン・ケラーと言えば、目が見えず、耳も聞こえないという障害があった人ですよね。サリバン先生と出会いにより、福祉や平和運動を行った人物であることはご存じだと思います。彼女がどんな人生を歩んできたかを一緒にみていきましょう。

綺麗は自分から作らなきゃ、誰も助けてくれないよね。

生い立ち

1866年アメリカアラバマ州タスカンビアでヘレン。ケラーは生まれました。ケラー家は大地主でかなりのお金持ちで裕福な家柄でした。ヘレンは赤ちゃんの頃からとても賢い子でした。しかし、ヘレンが2歳の時に高熱が出ました。医師に診てもらいましたが高熱は何日も続きました。そして、ある朝高熱が引いて顔色も良くなりました。両親は神に感謝して喜びました。

発症

しかし、ヘレンの様子が変だったのです。医師に診てもらうと、目が見えなくて、耳も聞こえなくなっていますと言われました。耳が聞こえなければじきに口もきけなくなるのです。その理由は人間は耳から聞こえた音を真似て言葉を覚えていくからです。聞こえなければ真似することができなくて、話すことができなくなるのです。

ヘレンは1人になるのが不安で、お母さんから離れられなくなりました。あなたも想像してみてください。ヘレンのようになってみることを。後に自伝で語っています。「暗闇というものではない。他人と自分を引き離し閉じ込めてしまう。そんな厚い壁のような静けさです。」と。

そんな中にあって、ヘレンは言いたいことを伝えようとジェスチャーで努力し始めました。しかし、成長するにしたがって知識がつけばつくほどやりたいことが色々と出てきました。

例えば「外に出ていい匂いの花を持って帰ってかびんに入れたい」などです。全然周りの人に伝わりません。

やりたいことが複雑になればなるほどジェスチャーだけでは伝えられなくなってきて、ヘレンはいつも癇癪を起すようになってきました。伝えたいことやりたいことが伝わらない苛立ちは我々も容易に想像できますよね。

両親は、ヘレンを少しでも良くしてやれないものかと、名医がいると聞いたら遠くまでヘレンを連れていき診てもらいました。その中で電話機を発明したグラハム・ベル博士は元々目や耳の不自由な人たちの教育に、力を入れてこられた研究者ということを知り会いに行きました。

ベル博士は初めて会ったヘレンが何をしたいのか何を伝えたいのかほとんど理解できたのです。こんなことは初めてだったのです。この方はヘレンを救ってくれるに違いないと両親は確信しました。ベル博士はヘレンのために、すばらしい家庭教師を探してくれるように手配してくれました。

【初回限定70%OFF&送料無料!】今からでも遅くない。話題のダイエットスムージーで憧れのボディ!

運命の出会い

ヘレンが7歳の時に、家庭教師がやってきました。

ここで有名な、あの アン・サリバン先生の登場です!

サリバン先生は小さい時に、弟と一緒に施設に移り住みました。しかし、そこはとても不衛生で狭く食事も粗末なものしか出されませんでした。このため弟は亡くなってしまいます。サリバン先生も患っていた視力が悪化して見えなくなりました。しかし、数度の目の手術と訓練によって視力はある程度回復してました。

このため目の見えないヘレンの気持ちが、サリバンには痛いほどわかり、ヘレンの家庭教師になることに手を挙げました。

ヘレンは後に、サリバン先生との初めての出会いを「私の魂の誕生日」と呼びました。

サリバン先生は、ヘレンに指文字を教えました。「人形」「や「ケーキ」など、物には名前があることを教えようとしますが、ヘレンには理解ができないのです。

ヘレンの食事の仕方も手づかみで食べ誰のお皿でもおかまいなしに手を伸ばしました。そんなヘレンを家族は誰もしかろうとはしませんでした。サリバン先生はそんなヘレンの手を叩き叱ります!ヘレンは暴れまわってとまりません。

両親は「ヘレンは目が見えないから、食事くらいは自由にしても。。。」と甘やかせます。

サリバンの教育

サリバン先生は、両親に話しかけます。

「身体が不自由でも人間としてのたしなみは忘れてはいけません。これでは獣と同じですわ。ヘレンが大きくなっても手づかみで食べさせるおつもりですか?このままで大人になったらかわいそうなのはヘレンではありませんか?ヘレンと二人きりにさせてください。」

二人きりとなった食卓で、サリバンはヘレンにスプーンを持たす。ヘレンはスプーンを投げ捨てて暴れる。これを二人は一歩もどちらも譲らず繰り返したのです。30分後にはヘレンはスプーンを使って食べました。ナプキンをきちんとたたませるのには、取っ組み合いが一時間以上がかかりました。

ヘレンに教えることは山ほどありました。手を洗ったあとタオルで拭いたり、髪の毛をとかしたり、服のボタンを留めることなど生活の全てです。両親はどうしてもヘレンに甘いので、教育が中途半端になると感じました。サリバンは屋敷から離れた小屋に二人きりで済むことを決意しました。

最初の何日かは、暴れたり泣いたり癇癪を起したヘレンでしたが、少しづつ変化が現れます。朝食をきちんと行儀よく食べたり、きちんと髪をとかしたり、人間としての生活が出来るようになっていったのです。そして何よりも暴れなくなったのです。ヘレンはサリバンとすごした2週間で大きく変わりました。

サリバン先生は、次はヘレンに物には全て名前があることを分からせようと苦悩していました。ヘレンは水とコップの区別が付きませんでした。水は必ずコップに入れられて出てきていたし、コップはわかったとしても水のような形が決まってないものをヘレンに教えるのはとても難しかったのです。

健康が気になる方、少しカロリーが気になる方や、体型が気になる方からのご利用が多いです。
【まごころケア食】送料無料

WATER!

サリバン先生はヘレンにコップを持たせて、ポンプを動かして井戸の水を出します。コップから溢れた水がヘレンの手を濡らします。そしてサリバン先生が「水!」「水!」「水!」と指文字で教えます。このシーンはヘレン・ケラーでは最も有名で感動的ですよね。

ここで、ヘレンは物には全て名前があることを初めて知るのです!その後すぐに大地を叩いてこれは?と聞きます。サリバン先生も興奮して「大地!」と教えます。

そしてサリバン先生の頬をさわり「あなたは?あなたはだれ?」

サリバン先生は「あなたの先生よ」と泣きながら答えます。

これまで暗闇の中にいたヘレンでしたが、今はまるで心に光が差したように感じました。手に触れる物の名前を聞き新しい言葉を夕方までに30も覚えました。ヘレンは知る喜びが分かったのです。

ラドクリフ女子大学へ

ヘレンは言葉の存在がわかると、めきめきと知識を増やしていきました。点字で本を読むことも覚えました。ヘレンは声を出す訓練を始めます。

サリバン先生の唇に手を当てたり、舌の動きを知るために喉の奥まで指を突っ込むこともありました。聞こえないから声の出し方がわからないのです。何度も挫折をしながらも努力のかいあって、一か月後には200もの言葉が話せるようになりました。

ヘレンはこうして自分で話せることができるようになったのです。

言葉を覚え、読むこと話すことができるようになったヘレンはもっと勉強がしたいと思いました。ケンブリッジ女学校に移り大学入試のための準備をしました。

ラドクリフ女子大学は当時アメリカの女子大学の中で最も合格するのが難しい大学でした。

ヘレンとサリバンは二人三脚で昼も夜も勉強する日々が続きました。ヘレンは入試ではサリバン先生の手を借りずに、一人で点字で書かれた問題を解きました。

そして、ラドクリフ女子大学に合格したのです!目と耳が不自由な人が入学したのは初めてでした。

塗るだけで、綺麗になる美尻効果。

自分の道

大学生活を送っていたある日、女性雑誌の記者がヘレンを訪ねてきました。ヘレンの自伝を雑誌にして彼女のことを多くの人に知ってもらいたいとの依頼でした。あたたのことを読んで多くの人が勇気づけられるはずよと。

ヘレンは喜んでその依頼を受けました。いざ、連載を始めてみるととても難しいものだと思い知りました。資料を集めたり人に聞いたりするのが思ったより大変だったのです。頼りのサリバン先生も手伝うには限界があるし、二人だけではとても手が回らなかったのです。

そんな二人に手を差し伸べたのが、雑誌記者のジョン・メイシーでした。ジョンはヘレンに読みやすくなるようにアドバイスをしてくれました。ジョンの手助けもあって連載は大成功!その後も本になって「ヘレン・ケラー」の名は世界で有名になりました。また、この時の出会いによって、サリバン先生とジョンは結婚することになりました。

卒業間近になって、ヘレンは将来のことで悩みます。何をすれば分からないまま、優秀な成績で大学を卒業しました。卒業後はサリバン先生と一緒にボストン郊外の山の家で暮らし始めました。

しばらくして、セント・ルイスで開催される目や耳の不自由な子供のための国際会議でスピーチをしました。そこで、改めて世界には数多くの目や耳の不自由な子供たちがいることを知り、ヘレンはある決心をしました。

決心をサリバン先生に話しました。

「目や耳の不自由な人達。身体の不自由な人達がより良い生活ができるような、そういう人達が希望を持ち、安心して暮らせるような、そんな社会を作るために一生を捧げようと思います。人のために生涯を捧げるのは並大抵のことではないと思います。

でも、私にはお手本があります。それは、サリバン先生です!

先生は私のために生涯を捧げてくださいました。私はそんな先生の大きな会いに応えるためにも身体の不自由な人々を愛すべきだと気づいたのです。」

始動

ヘレンは新聞や雑誌に記事を書き色々なところに行き講演をしました。ヘレンの話を聞こうと講演には多くの人が集まりました。ヘレンは身体の不自由な人の支援から、貧しい人を助け、人種差別、女性差別を無くすことなど多くの人の人権を守る運動に参加しました。

しかし、ヘレンの憎むべき戦争 第一次世界大戦が勃発します。

ヘレンは戦争に使うお金を役立つことに回せば人々はもっと幸せになれるのに、戦争なんて本当にばかげている。ヘレンは戦争反対を叫び続けました。

この頃、サリバン先生は重い病気にかかりニューヨークの療養所に行くことになりました。それでヘレンは1人の男性秘書を雇いました。ピーター・フェイガンです。

ピーターはヘレンの強さと弱さを身近で見ていました。そんなある日、ピーターはヘレンにプロポーズをしました。ヘレンも身近にいていつも真摯に支えてくれていたピーターのことを慕っていました。ヘレンはプロポーズを受けました。

しかし!ヘレンの母は二人の結婚に反対してヘレンをタスカンビアに連れ帰ってしましました。ピ-ターはヘレンを追ってきましたが、ヘレンの妹夫婦に銃を向けられ追い払われてしましました。

一週間後、庭のポーチでピーターを待つヘレンの姿がありました。しかし、ピーターは二度とここに姿を見せることはなかったのです。この悲しい出来事を後にヘレンはこう言っています。

「ピーターとの短い恋は私の人生の中で暗い海に囲まれた喜びの小さな島として残るでしょう。自分が愛されることを経験できたことをうれしく思っています。」と。

国産プロテインだから安心・安全で飲みやすく健康に!

ヘレンの活動

サリバン先生は回復してヘレンの家に戻ってきました。しかし、アメリカが参加している戦争にヘレンが反対し続けていたため、講演の仕事が減り資金が底をついてきました。二人は家を売り旅回りのショーに出演して資金を稼ぎました。ヘレンはアメリカ中で知られた人物なので多くの人がそのショーを見に来ました。

初めにサリバン先生がヘレンの生い立ちを話し、ヘレンが自分の言葉で観客に話しかけました。

「みなさん、私はもう口のきけない人間ではありません。多くの方に助けられまた自分で努力もし、この障害を乗り越えました。みなさんもどんなことがあってもどうぞくじけないで。自分の力を信じてください。必ず道は開けます。

ヘレンは44歳になると、アメリカ盲人協会のために働くことになりました。3年間アメリカ中を回り、目の不自由な人を支援する運動をしました。この運動は大成功を収めました。

そしてついに1935年アメリカで目の不自由な人の生活支援をする法律ができたのです。寄付による援助ではなく政府がしっかりと支援するようになることはヘレンの長年の夢でした。

サリバン先生は70歳で亡くなりました。彼女は49年にわたり、ヘレンの目となり耳となり口となり、ヘレンを支え続けた人でした。ヘレンは心の半分を失ったような気持ちでした。ここにいたらサリバン先生のことを思い出してずっと悲しんでいるに違いない。いっそ、遠くに行くことを決意します。

そう!日本へ!

ヘレンとタケオとの出会いは2年前にさかのぼります。当時はサリバン先生の体調が良くなかったので日本への講演は断っていたのでした。

1937年船で20日間をかけて、ようやくヘレンは日本に着きました。ヘレンは有名人で日本中どこに行っても大歓迎でした。日本全国を回り、目や耳の不自由な人の支援や募金を呼びかけました。ヘレンの来日は多くの人々のはげみになり日本の障害者運動を全身させました。

また忠犬ハチ公の話を聞いて感動して秋田まで行きました。そこで、秋田犬を大変気に入ったので、のちに秋田犬をプレゼントされています。アメリカに渡った秋田犬はこれが初めてでした。

1939年にはヨーロッパで第二次世界大戦が始まり、1941年に日本はアメリカとの戦争を始めました。この戦争でたくさんの人が犠牲となりました。日本も広島や長崎に原爆を落とされ多くの人が亡くなったのです。

1948年にヘレンは二度目の来日をしました。まっさきに広島を訪ねると原爆の恐ろしい威力を知り力強く反対しました。

また皇居前の5万人の聴衆にこう語りかけました。ヘレン・ケラーの有名な言葉です!

「あなたのランプの灯をもう少し高くかかげてください。見えない人びとの行く手を照らすために。」

1955年に70歳を過ぎたヘレンは三度の日本を訪れました。タケオが半年前に亡くなったので、その霊前に花を捧げるためでもありました。

ヘレン・ケラー享年88歳。

年を重ねたヘレンは軽い脳卒中を起こし、散歩以外の外出をめったにしなくなりました。庭には日本から取り寄せた石灯篭が置かれていました。ヘレンは日本の焼き物や灯篭がお気に入りでした。

病気の後、ヘレンの身体は衰えていきました。そして1968年6月1日、ヘレン・ケラーはその偉大な生涯を閉じました。眠るようにおだやかに亡くなったと伝えられています。

弱いものを助け、人が人を愛するということを一生かけて説いたヘレン・ケラー。彼女の生き方や残した言葉は今もなお、私たちの心の中に生き続けています。

ヘレン・ケラーの残した言葉。

  • 障害は不便です。しかし不幸ではありません。
  • 私にとって興奮するのは、他人のために生きるときです。
  • 元気を出しましょう。今日の失敗ではなく、明日来るかもしれない成功について考えるのです。
  • この世界ですばらしく美しいものは、誰も目で見ることも手で触れることもできません。
  • 友達がいれば、毎日世界が生まれ変わります。
  • 1つの幸せのドアが閉まる時、もう1つのドアが開く。

毎日着る服だからこそ、かわいいって言われたい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です