5分で分かる!ノーベル

ノーベル賞ってよくニュースで毎年やってるけど、それを設立したノーベルってどんな人だったのでしょうか?その生涯を見てみましょう。

今の時代は家具もサブスクにするのが模様替えも楽しい。

少年期

ノーベルは西暦1833年にスウェーデンの首都ストックホルムで生まれました。名前をアルフレッド・ノーベルです。子供のころから体が弱く寝て過ごすことが多かった。兄二人は元気でお店のお手伝いをしていて、ノーベルは勉強を頑張ることを決意します。

ある日、ロシアで働いていた父から、仕事が上手くいったのでみんなで一緒に暮らそうとロシアに家族を呼びました。ノーベル一家はロシアの首都サンクトペテルブルグに住みました。ロシア語が分からないので子供たちは家庭教師から勉強を習いました。

ノーベルは、勉強熱心でロシア語も話せるようになりました。父が機雷(船を沈めるための爆弾)をロシアで作っていたため、ノーベルは自然と化学が好きになりました。あと、心が豊かになると言って「詩」に興味を持っていました。

毎月違う花をお届け。サブスクは便利で綺麗で癒される。

青年期

ノーベルは16歳になると父の会社を取り仕切るほど火薬に詳しくなっていました。また弟のエミールには勉強を教えていました。

ある日、ノーベルの語学力と化学の成績が良いということで、最新の化学事情を欧米に習いにいくことになりました。フランスの研究所にいた時に、お付き合いした女性がいましたが病気で亡くなってしまいます。ノーベルは落ち込んで何も手につかなくなりました。そんな時にイギリスでロンドン万博が開催されました。教授の勧めでロンドン万博に行って、世界の技術力に驚かされました。

「文明は人間の暮らしを大きく変えているんだ。この成果の積み重ねこそが進歩なのだ。僕が立ち止まることを彼女も望んでいない。」

ノーベルは彼女の死から立ち直りました。次にノーベルはアメリカに渡りました。エリクソン教授の熱機関と推進機を学びに行ったのです。そして、アメリカから帰国したノーベルはさっそく実験を始めました。

1853年、ノーベルが20歳の時。「クリミア戦争」が始まりました。

クリミア戦争とは、ロシアのニコライ帝が領土欲しさにトルコを攻撃しました。オーストリアとイギリス、フランスが「勝手すぎる!」とロシアに抗議をしました。さらに、トルコに5万人の兵を援軍として送りました。大戦争に発展したのです。

機雷や火薬をロシアで作っていた父の会社は戦争で大忙しとなりました。設備や人員を増やし、国の要望に応えるために爆薬や弾薬を製造しました。

しかし、1855年ロシアの新しい皇帝アレクサンドルが戦争をやめました。これまでの注文は取り消し、支払いも停止となり父の会社は倒産しました。

1859年ノーベル26歳の時に、父と母、弟エミールは故郷のストックホルムに戻りました。兄弟3人で父の借金の返済方法を考えます。兄2人が工場に残り利子を返していく。ノーベルはニトログリセリンの研究を続けることになりました。逆転の見込みはノーベルの成功にかかっているのでした。

当時、ニトログリセリンは液体で、たった一滴でも衝撃を与えると爆発しますが、火をつけても燃えるだけでした。黒色火薬のように爆発させることもできません。ニトログリセリンの制御は、だれも成功していませんでした。

月々9800でスタイリストが選んでくれる。選ぶ必要も流行りもお任せ!

ダイナマイト誕生

ノーベルが29歳の時、研究に研究を重ねた日々に、ついにニトログリセリン爆薬を作ることに成功しました。爆発で爆発を起こす「油状爆薬」を作りました。ロシアからスウェーデンに戻り弟エミールと実験を繰り返して、特許を取りました。その証明として、工事現場から出てきた大岩の爆破をする実験が実施されました。大岩は見事に爆破され、ストップしていた工事が再開されることになりました。大成功だったのです。

その噂から評判は広まり、ノーベルの元には依頼が押し寄せます。その威力を耳にしたスウェーデン王国からも注文があり、鉄道網の拡大に役立てられました。誰もが「油状爆薬」の発明に喜んでいました。

しかし、ノーベルが31歳の時、爆薬の実験中に爆発事故が起きて弟エミールが亡くなってしまいました。それを始まりとして、出荷した製品までもが、各地で爆発事故を起こしだしたのです。ノーベルは全ての事故報告書に目を通しました。

事故の原因は、危険性と取扱いの注意を現場に知らせていないことでした。しかも、ほとんどの事故が輸送中に起きていました。液体なら気を付けて運ぶものと思っていたがこれが盲点だったのです。

だったら、安全な固体の「ニトログリセリン爆薬」を作ってやる!と心に決めました。

研究に研究に重ねて、様々なニトログリセンを吸い込ませて安定するものを探したが、全然うまくいきませんでした。

ある日のこと、偶然「油状爆薬」が固まっていることを目にしました。輸送に運ぶときに揺れないように固めるために使う珪藻土(海底や湖の底などに積もった土)でした。中身が漏れて染み出して固まっていたのです。

ノーベル33歳の時、自ら公開実験をしました。まず、爆薬を地面に叩きつけて、振動では爆発しないことを証明しました。そして、導火線に火をつけて大岩を爆破しました。公開実験は大成功だったのです!

ノーベルはこの爆薬に名前を付けました。

「ダイナマイト」の誕生だ!

月々1680円で500以上の香水が使い放題。自分好みの香りが見つかる。香りが被らない。

平和への願い。

ダイナマイトは鉄道・鉱山・運河などの工事に使用されて人々の仕事には欠かせない物となった。ノーベルの事業は大きく成長してその工場群は世界各国に作られました。成功はノーベルだけでなく、二人の兄達もロシアで石油王として成功していたのでした。

しかし、ノーベルは結婚していませんでした。そこで秘書のベルタと出会いました。彼女は堂々としていて語学も堪能でした。教養と品性を兼ねそろえた理想の人でした。ノーベルはたちまち恋に落ち、彼女に告白しました。

しかし、ベルタには婚約者がいたために断られてしまいます。

恋に破れたノーベルは仕事に鬼のように打ち込むようになりました。ノーベル兄弟の事業は日々拡大していきました。

ダイナマイトは戦争で使われるようにもなりました。ノーベルは平和的に本来の使い方をして欲しいのに、買い手にこういう風に使ってくれと命令する権利がないのです。

ノーベルは本来の平和とは何かを、突き詰めて考えるようになっていきます。自分が作った物が人殺しの道具として使われるのが、耐えられなかったのです。戦争を無くすためにはどうすれば良いかを迷走します。

お金を慈善事業や医学研究に使いました。「ノーベル実験医学研究財団」です。医学および生理学の研究・教育に貢献しました。

そんな時に、振られたベルタ夫人から「世界平和会議」の招待状が届きます。その会議にベルタ夫人と出席しました。世界を平和にするためにはどうすれば良いか、様々な議論が飛び交っていました。しかし、ノーベルには「きれいごと」の意見でしかないと感じられました。

月々一万円で、500以上のブランドの服が着れる。プロのコーディネーターによるアドバイスもあります。

ノーベル最後の願い。

寄る年には勝てないと言われるように、ノーベル(62歳)は心臓発作で倒れました。回復したときに後継者のいないノーベルは、遺産についてよくよく考えて遺書を書き上げました。

私になせたこと。なせなかったこと。そのすべてを整理しておこうと。

5つの欠けてはいけない学問。

  • 「物理学」起爆原理など、様々な実験で自然の秘密とその制御に挑戦してきた。
  • 「化学」火薬を通して直接関わってきた物質そのものを扱う学問だ。私が最も興味ある学問だ。
  • 「医学・生理学」自らの不健康に加え、母の意志を活かしてくれた。生命の神秘にせまる領域だ。
  • 「文学」人にやっていいこと悪いことを教えるのも人を勇気づけるのも言葉だからだ。
  • 「平和」人類の創意工夫も全てがここにつながる。争いの制御は人類の課題だ。

科学技術の現実と、文学の理想。その間を時に揺れながらも平和の歩んでこそ進歩がある。

「この道にいたる努力したものを、私は称えよう。私の財産は国籍を問わず人類に貢献した個人や団体を毎年、表彰する目的で運用せよ。」

「ノーベル賞の誕生です!」

彼の名を冠した「ノーベル賞」は歴史に名を遺す偉人達を称える最高の栄誉として、今も人類の進むべき方向を示し続けているのです。

ノーベル享年63歳。

ノーベルが残した言葉

  • ノーベル賞を与えるうえで、候補者の国籍はまったく関係ない
  • この世に悪用されないものはない
  • 科学技術の進歩は、常に危険と背中合わせだ。
  • 危険を乗り越えてはじめて人類の未来に貢献できるのだ。
  • 仕事があれば、そこがわが祖国。仕事はどこにいてもできるのです。
  • 私は平和的発案を行うため、私の死後大きな基金を残すつもりだ。

毛先が広がっていても使ってませんか?サブスクならいつでも毛先は良い状態!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

5分でわかる!ガンジー