5分でわかる!ウィルヘルム・コンラッド・レントゲン

レントゲンってレントゲンを作った人?そのままなの?そうなんです!レントゲンさんが物を透かして見ることができる「X線」を発見したんですよ。

では、そのレントゲンさんがどうやってX線のレントゲンを発見したのかお話しましょう!

ベンチャーやフリーランスにはお金のことは分らないから頼りたいよね。

生い立ち

西暦1845年ドイツで一人息子として生まれました。名前はウィルヘルム・コンラッド・レントゲンです。お父さんは貴族でした。当時、フランスやドイツなどヨーロッパの国々では、王や貴族が中心だった国の仕組みを変えようと市民が革命運動を起こしていました。その混乱から逃れるために一家はドイツからオランダのアペルドールンに引っ越したのでした。豊かな自然と家族の会いに囲まれて育ちました。

学生時代は常に成績優秀で何も問題のない生徒でした。しかし、友人のふざけた落書きを庇ったために退学させられます。学校を退学させられても大学に行く方法がありました。

  • 大学入学試験がありました。筆記試験は優秀でしたが、面接で不合格となりました。
  • ポリテクニウム試験(入学試験のレベルがすごく高い)がありました。角膜炎になってしまって受験できませんでした。しかし、学問に対する熱い想いを手紙に書いて送ったところ、合格したのです。

20歳の時。

スイスのポリテクニウム大学に入学し、優秀な成績をおさめました。3年にわたり、当時最新の蒸気機関に関する機械技術の分野で最優秀の成績でした。

自分のスキル売れるかも!とか、イラスト安く描いてほしいなあ。なんてあればここだよ。

23歳の時。

29歳の新任教授アウグスト・クントが大学に赴任してきました。

クント教授との運命の出会いです!

クント教授のもとで、物理学を学ぶことにしました。物理学とは、自然現象の本質やしくみを突き詰める学問でした。そしてクント教授の研究助手として働きながら、研究者の卵として自分の研究も行うようになりました。この頃、お嫁さんとなるベルタとも出会いました。博士号も取得し充実した毎日を送っていました。

25歳の時。

クント教授の助手として、ドイツ、バイエルンのビュルツブルグ大学に赴任します。

27歳の時。

ベルタと結婚しました。クント教授の助手として、ドイツ、アルザス・ロレーヌのストラスブール大学に赴任する。大学教授の資格を取得して、ドイツのあちこちの有名校に赴任する。

34歳の時。

ドイツのギーセン大学に赴任する。レントゲンは自分の論文でも同じように余計な言葉ひとつ文字の間違いひとつない完璧なさを大事にしていました。ギーセン大学での10年間で電気・熱・気体・光線などの様々な物理学的分野で18本もの論文を発表します。またこの時期に、ベルタの弟の娘ベルティリィを養女として迎えました。

SAO対策や、自動アップデートなど、SNSで稼いでいく人は必見!

49歳の時。

物理学への道の明かりであった、恩師クント教授が亡くなりました。

「実験を重ねて、その謎を解き明かす!」が口癖でした。

クント教授の教え通り、レントゲンは最新の研究論文を読み漁り、自らも同じ実験をして結果を確かめ続けました。自分がクント教授のようにならなければと決意を新たにしました。

ビュルツブルグ大学の学長になりましたが、研究への情熱は変わらず週末は実験室にこもり実験にあけくれました。当時の物理学会で注目の真空放電実験に興味を持ち始めました。電気に関しては様々に解き明かされていました。

電気について、解明されていたこと。

・電気にはプラスとマイナスの2種類があること。

・異なる種類の電気の間には引き合う力が、同じ種類の電気の間には反発する力が働くこと。

・プラスの電気を持った極とマイナスの電気を持った極とを、つないだ時に電気が流れること。

  • フランクリンは雷が電気であることを発見。
  • ファラデーは電気と磁気の関係を発見。
  • ボルタは電池を発明。
  • オームは電流を詳しく研究。

電気による科学は日々進歩していました。

50歳の時。

「クルックス管」と「レーナルト管」について実験していました。どちらも密閉したガラス管の空気を真空に近くなるまで抜き、高い電圧をかけると離れたプラス極とマイナス極の間に電気が流れることも分かったのです。

ふたつの極の間に、目に見えない「電気のもと」が飛ぶことで「電流」になるのだと考えられていました。この「電流」を「陰極線」と名付けました。その「陰極線」を空気中に取り出す器具が「レーナルト管」でした。

11月8日、「陰極線」の実験中に、蛍光板を光らせる未知の線を発見した!偶然とは言え、骨が映るのだから衝撃だったはずだ。

未知の線を「X線」と名付けました。その論文をビュルツブルグ物理医学協会に提出した。これは、世界中の科学者に衝撃を与えました。X線で患者の身体を中を見られればより正確に診断できるのです。X線の医学利用に可能性を感じていました。

やっぱり、何かの時には絶対に必要だよね!フリーランスには何の保証もないからね。

56歳の時。

スウェーデンのストックホルムで第1回ノーベル物理学賞を受賞しました。レントゲンは高名な学者たちによる圧倒的多数で受賞者に選ばれました。

受賞スピーチ

「一人の物理学者としてこの研究が認められたことは大変喜ばしく、人類のために私心なく研究を続ける科学者たちにとって良い刺激になるでしょう。科学者の研究とは先人たちの研究成果の上に、私たち後進の者がさらに研究を積み上げ進歩するものです。今回、私は単独で受賞することになりましたが、X線の発見はこれまで研究を続けてきた科学者みんなの成果です。ノーベル賞受賞の賞金はすべてビュルツブルグ大学に寄付し、これからの科学振興に役立てたいと思います。」

その後。

レントゲンは家族との時間を大切にしながら、研究や教育に力を注ぎました。しかし、1914年に第一次世界大戦が勃発。X線は、戦争で傷を負った人たちの診療に大いに役立ったのです。

X線の発見から100年以上たった現在でも、彼の発見は物理学はもちろんのこと医学・科学・天文学・など多くの分野で応用され未来を照らし続けています。

享年78歳。

レントゲンが残した言葉

  • 特許など必要ありません。私はX線を発明したわけではありません。今後、X線を研究されたい方、X線装置を作りたい方には、私の資料を喜んで提供します。私は自分の研究を独占しようとは思いません。
  • ある仕事がその人に向いているかどうかは、人生の後半になってやっとわかるものです。
  • 私だって最初に、この現象を見たとき作家うだと思ったくらいだ。
  • 私はあれこれ考えませんでした。ただひたすら実験を繰り返しました。
  • 学生を甘やかしてはいけません。ひとりひとりが、苦境の中から自分自身の道を見つけていくべきなのです。

旬のものをオトクに健康的に。食べるものだから選びたいよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です